首 ポツポツ

首のポツポツは老化によるもの?糖質は肌を老化させる!

年齢を重ねていくと、首周りにポツポツしたイボやシミといった肌トラブルが起きやすくなります。
皮膚科によって液体窒素による冷凍凝固やレーザー治療を受けることでイボ自体は除去することができますが、イボの原因となる肌の老化を防がないと再発する可能性も高いです。
そのため、体の内側からキレイを意識して毎日の食事メニューを意識してみましょう。
今回は、イボに効く食材について紹介いたします。

 

砂糖いっぱいの食事は肌を老化させる!?

私たちの食生活は、炭水化物を多く摂っています。
忙しい時にさっと食べることができる丼ぶりものや、砂糖がたくさん使われている甘い食べ物。
これらのように手軽に食べられるメニューには、多くの炭水化物が含まれているのです。
炭水化物には糖が含まれており、これが体内に入ることでたんぱく質と結合して「糖化」します。
糖と結合したたんぱく質はやがて劣化してしまい、本来の機能が失われてしまうのです。
そして、コラーゲンやエラスチンといった美肌の素となる成分もまた、たんぱく質によってできています。
そのため、肌にうるおいを与えるといった機能が働かなくなることで、顔や首周りにたるみやシワといった老化現象が起きてしまうのです。

 

肌の老化が進むと、紫外線などの外部の刺激に弱くなって皮膚の表面の角質化が進行していきます。
この角質こそが、加齢によるイボの原因となるのです。

 

糖化を防ぐ食材を食事メニューに取り入れよう!

加齢によるイボを作る肌の糖化を防ぐには、食事の内容を意識することが大切です。
食事の際は、まずは野菜から食べるようにしましょう。
先に糖質の少ない食品を体に入れることによって、血糖値の上昇を緩やかにするだけでなく、お腹を膨らませて炭水化物を食べる量を減らすことができます。
また、果物ではビタミンA・ビタミンEが含まれているブルーベリーやリンゴが糖化を防ぐ効果があります。

 

食事は野菜や果物を中心にして食べ、糖質の多い炭水化物をできるだけ減らすようにしましょう。
炭水化物や甘いものの摂り過ぎは、肥満の原因にもなるため野菜中心の食生活に変えることで中年太りを防ぐ効果も期待できます。

 

また、イボは乾燥肌にできやすいため、ビタミンBを含んだ豚肉や卵、大豆といった良質なたんぱく質を摂取することもおすすめです。
偏った食事は栄養バランスが崩れて肌荒れを起こしてしまうため、肌の老化を防ぐためにもビタミン類を含んだ食品を積極的に食べるようにしましょう。

 

せっかく皮膚科でイボを治療しても、間を置かずにぶり返してしまう場合は、この糖化による肌の加齢が原因かもしれません。
糖化を防ぐ食品を取り入れて、肌の若返りを目指しましょう!

首のポツポツを減らしたい!運動が肌の若返りを促進する?

40代あたりを境に、加齢による肌の老化を防ぐために、美白効果のある化粧品やアンチエイジングケアを行っている人は多いです。
しかし、顔にばっちりケアをしていてもその下の首には気をつかっていますか?
首もまた、顔からつながっている薄い皮膚でできており、とてもデリケートな部分です。
特に手や首は、シミやイボ、しわなどができやすいため年齢を感じさせる体のパーツでもあります。
そのため、顔と同様に老化が進まないようしっかりとケアしてあげましょう。
今回は、首の気になるポツポツをこれ以上増やさないための対処法について紹介いたします。

 

その首のポツポツは老化が原因かも?

顔の影になっている首は、気づかないうちにシミやイボが増えやすい箇所です。
普段露出している機会が多いため、紫外線や服、アクセサリーといった外部の刺激によって、肌がダメージを受けている可能性があります。
首の皮膚がこのような刺激を受けると、細胞が増殖して固い角質として皮膚の表面に盛り上がって出てきます。
これが加齢によるイボの元であり、放っておくことでどんどん増えていってしまいます。

 

顔と違ってファンデーションなどを使って隠すことも難しく、数が多くなると鏡を見る度に気になってしまいますよね。
首のポツポツが気になりだしたら、これ以上増やさないように普段から対策を練っておくことが大切です。

 

首のイボやポツポツ専用のケア方法については、「【首のイボ完全ガイド】ポツポツを自分で取る方法」のページで詳しく解説されていますので、年齢の経過とともに茶色の物体が気になり始めたという方は必見です。

 

皮膚の代謝を高める運動をしよう!

やっかいな首のポツポツイボは、肌の乾燥や紫外線などによる老化が原因です。
肌が老化すると皮膚表面の新陳代謝が悪くなり、古くなった角質がうまくはがれずにどんどん蓄積されていってしまいます。
新陳代謝が悪いままだと、ダメージを受けた肌が回復するまで時間がかかってしまい、ますます老化が進む原因になります。

 

そのため、これ以上イボやシミを増やさないようにするには肌を若返らせるよう、自分の体の代謝を高めましょう。

 

無理にならない程度の適度な有酸素運動は、血流が良くなることで体のすみずみまで酸素を運ぶため、肌のターンオーバーを促進します。
また、汗をかくことで体内に溜まった老廃物を排出し、イボの原因となる角質をはがれやすくする効果もあります。

 

特にウォーキングは道具もいらずに手軽に始められるので、まずは一日20分程度の運動を継続することをおすすめします。
この時、紫外線に当たらないよう帽子を被るなど日焼け対策をした上で外出してください。

 

できてしまったイボには、液体窒素や電気メスによる治療によって簡単に除去することも可能です。
しかし、イボ自体を取ることができても後の再発までは防いでくれません。
そのため、イボやシミを増やさないようにするには体そのものを改善して、肌の老化を遅らせる生活習慣を意識することが大切なのです。

 

少しでも発症リスクを下げるためにも、運動不足を解消して心も体も元気で過ごしたいですね。